5/26(日) 「感じよう 森のめぐみと 緑の豊かさ]を大会テーマに、天皇、皇后、両陛下を迎え、とっとり花回廊を中心開場で、鳥取県内外から5000人参加で開催され、私も招待がありましたので参加しました。記念式典、全国の緑化功労者表彰、色々なアトラクション、両陛下のお手植え(植樹) そして私も記念植樹に参加しました。天候に恵まれ思い出深い一日でした。
アトラクションの中の一つで、米子がいな太鼓保存会の和太鼓があり、我が社の仙田係長も出演され(最高責任者として)驚きました。広い大自然の中で、思い切り勇壮で、力強く元気で、天皇、皇后、両陛下の真ん前で出演、演技されされ最高の思い出が出来たとことと思います。

P1020103
式典会場入口「トッキーノ」

P1020108


天皇、皇后、両陛下が到着され日の丸の旗で参加者全員でお迎えしました。
スクリーンで大きく放映されました。
 

P1020113


両陛下が植樹され席に着かれるところです。
参加者は全員緑の帽子をかぶっていますP1020123
両陛下がお手植えされました。
向って左天皇陛下が アカマツ スタジイ コナラ、皇后陛下が右 ヤマボウシ ウワミズザクラ ホオノキ をお手植えされました。
P1020128
会場から歩いて20分のところで植林に参加しました、P1020126
苗木ポットに入っていますが、そのまま植えます。5年近く時がたつと土にかえるそうです。     

朝6時30分~16時30分までの参加でしたが、両陛下を身近なところで拝見でき、苗のお手植えも、土寄せも両陛下素手でされ、驚きました 本当に良い思い出が出来ました。
又東日本大震災の被害地で、採取した木の種を県内の小学校で苗木に育て、被害地 岩手県 宮城県 福島県 に里帰りされる活動が紹介されました。