10/12(土)全国住宅産業地域活性化協議会の事業として取り組んでいる、地域に根ざした大工や職人などを育てる、「担い手育成事業」では、年間140時間の教育訓練を実施しており、全国11支部が参加して64名の育成に取り組んでいます、ミヨシ産業が事務局をしている、山陰すてきなづくりの会もそのメンバーとして参加し7月から20、30代の若手6人実習に取り組んでいます。
10/12 モデル棟のくみ上げに挑戦しました。

IMG_3549
この図面したがって、モデル棟を実際自分たちで立ちあげる実地講習です。
IMG_3538
土台は前もって1週間前に準備実習済みです。
IMG_3541
建て方の始まる前の記念撮影の6名の皆さん。
IMG_3548
講師の先生より,建て方についての注意事項の勉強を始めに受ける。
IMG_3539
ミヨシ産業のプレカット工場で作られた建て方の木材、(金具工法)
IMG_3550
モデル棟の建て方が始まりました。
IMG_3552
1階終了、2階の工程に入る前に安全ネットを張りました。
IMG_3553
2階の施工に入りました。
IMG_3554
2階終了垂木の施工まで終りました
IMG_3556
今日の建て方、モデル棟くみ上げ安全講習も含め無事見事に終わりました、記念撮影。

まだこれからは、サッシ枠の取り付け、外壁の施工(サイデング、焼杉)、断熱材の施工、階段の取り付け、防止処理、等を学んだあと解体作業作業まで研修が続きます。