舟越 亨さん平成4年10/5ミヨシ産業に入社以来定年を過ぎても、嘱託として令和2年6/20まで28年間不動産一筋で大変貢献いただき、体力の限界と言うことでついこの間、退社に了解しましたが(74歳)それからまだ一か月少しでお亡くなりになり今でも信じられません、(7/25家族葬、抗がん剤治療中)
特に私と年齢も近く、そして仕事、趣味、が同じで舟越さんが入社以来28年間、仕事仲間であり、遊び仲間でした(ゴルフ、麻雀、旅行、)ので、すごいショックでした特にゴルフ大好きで、地元ばかりでなく、県外もよく行きました、月に2回以上はいつも一緒でした、これからは、いつでもできると楽しみにしていましたばかりでした、のでまだ信じられません。
まだ49日は過ぎていませんが、12日に8/14には必ずお参りに来させてくださいと奥様にお願いし了解得ていました、子供さん2人お孫さん一緒で思い出話が出来ました、舟越さんの写真を探して、大きくコピーし持参しましたので、最近の写真がなく、見ながら話が弾みました、一部をブログに似せて社員の皆さんに見ていただくことを大変喜ばれましたので見てください。

20200812144847281_0001

昨年11/9ミヨシ産業社内旅行、ゴルフが終からの写真。

20200812144900304_0001

愛知 東建塩川カントリー倶楽部にて、8か月前までこんなに元気でしたのに。

20200812144910926_0001

昨年11/7の舟越さん、社内旅行のメンバーと伊勢神宮にて。

20200812144921265_0001

昨年5/1大山ゴルフクラブでの写真、今までミヨシ産業のこのメンバーで、舟越さんを囲んで何十回とゴルフを楽しみましたことか、、、。

今年令和2年1月4日正月休み恒例のゴルフを大山ゴルフ倶楽部でいつものこのメンバーで行いましたのが、私が舟越さんとの最後のゴルフとなりました、この時もすごく元気でしたのに、、、、

20200812144931351_0001

2012年10/19沖縄に社員旅行いつも社内旅行の自由行動は、舟越さん100パーセントゴルフでした。

20200812144941160_0001

2012年10/20上の写真と同じ沖縄社員旅行、舟越さんと佐伯さんとは同じ境港出身でマージャンよくしました。

20200817182036821_0001

平成26年5/1  ミヨシ産業マージャン同好会、の舟越さんの写真ありました。

舟越さんに、ミヨシ産業に在籍中、大変大きな足跡を残していただいた事業を思い浮かべ、写真を探し載せます。

20200812144950630_0001

平成28年7/1売電開始した、ミヨシ産業米子メガソーラー発電所,船越さんには土地購入、建物解体、整地の監督、迄お世話になりました。
この施設は20年間で17億円の安定した売電収入が見込め会社にとって心強い事業になっています。(総工費、土地、設備 、9億円の投資)

20200812145020419_0001
2013年11/16米子市夜見JT工場跡地(旧日本たばこ産業)が公売にかけられ公募開始になりました、この情報を不動産部の舟越さんが情報を得、また他社の入札金額、動き等の情報を正確につかみ最低価額で落札できました、これによって、ミヨシ産業米子メガソーラーにつながりましたので舟越さんには大変貢献いただきました。
面積57,571㎡(17,415坪、ミヨシ産業の本社17,5倍の面積)で驚くような安く入手できました。
20200812145010364_0001
2014年4月頑丈な建物で8階に相当する高さがあり解体が、大変でした、柱の厚さ1メートルありこの写真は柱の大きさを示すために、舟越さんの腕との比較で写真を取りました後ろ姿の船越さん。
20200812145000757_0001
2014年8月 建物解体、。
20200818130740355_0001
地2014年10/28 解体終わり、コンクリートの塊を解体機で砕石にして土地全体に敷きならしました、通常は外部に持ち出し処分するとこ大変費用が減額になりました(舟越さんの案) 11月末土整地完成。
IMG_0307
2015年12月米子市長砂、県営住宅入札にて落札、宅地分譲し販売、翌年隣の農地を続けて宅地分譲,
IMG_4172
現在、高級住宅にかわっています、合計50区画。

舟越さんに在籍中、山陰両県で数えきれない多くの土地を開発、宅地分譲し、販売しミヨシ産業に貢献していただきました、特に、前職が土木、不動産会社勤務で、、2級土木施工管理技士、測量士補、宅建資格,等の資格経験豊富で、造成工事の見積もり、現場管理、収支計算何でもできました。

舟越さん6/20退職になっても、まだミヨシ産業にとって困ったときに相談相手になってもらうように、机も残し、送別会もしてない内に、こんなに早くお別れが来るとは、残念でたまりません、